更年期障害の代表的な症状

エクオールサプリ

 

更年期障害は早い人だと40歳くらいから始まる人もいます。
自律神経失調症の部類に入るので、元々失調症の人は
どちらなのか判断が付きにくいという事もあります。

 

更年期かもしれない、と思ったら
色々な対策をとる方が進行を防ぐカギにもなります。

 

そのため更年期障害になったらどんな症状が
一般的に出やすいのか、覚えておくと良いでしょう。

 

更年期障害とは女性ホルモンの減少で、自律神経のバランスが
崩れる事で身体的、精神的に色々な不調をきたす症状の事です。

 

自律神経失調症の部類に入り症状の出方は非常に様々です。
その中でも代表的な症状があります。

 

代表的なのはホットフラッシュという体のほてりや
スウェッテイングという大量の汗です。

 

自律神経は人間が生命を維持するのに
必要な内臓や神経の動きをコントロールする部分です。
そのバランスが崩れるので、暑くないのに汗が出たり、
体温調節がうまくいかないということがおきます。

 

症状の出方にはかなり個人差があり、閉経までほとんど症状が出ない人もいます。
また色々な症状が出る人や、軽度、重度と様々です。

 

全身症状ではその他にも胸や乳房の痛み、動動悸や脈拍が上がるなどがあります。
そのためまいや耳鳴り、むくみや冷えなどが代表的です。

 

運動期間では首のコリ、肩こり、腰痛も更年期障害の1つです。
また体の症状以外にも、重要視されているのが精神的な症状です。
代表的なのは不安感やイライラ、それにつながるうつ症状です。

 

進行すると睡眠障害になったり無気力が起こることもあります。
さらに記憶力の低下で物忘れがひどくなる、というケースも少なくありません。

 

体の不調が続くことでイライラ感が増し、
精神的な症状につながるというケースもあります。

 

食事や運動に気を付けていても、中々セルフケアだけでは
スムーズに症状が治まらないのが更年期障害の特徴でもあります。

 

引き続き食生活や生活習慣に気を付けながら、
サプリメントなどで対策をとって症状を和らげていきましょう。