更年期 イソフラボン

更年期に大豆イソフラボンを積極的に摂る必要性

エクオール サプリ

 

よくテレビなどでも更年期には大豆製品や
イソフラボンを積極的に摂りましょう、という言葉が聞かれます。

 

でも多くの栄養素がある中で、何故大豆イソフラボンが
更年期に良いのかはっきりと分かっていますか?

 

それは大豆製品の中にあるイソフラボンの働きが、
更年期の足りない栄養素を補うからです。

 

そもそもなぜ更年期が起こるのかですが、女性ホルモンの
エストロゲンというホルモンが、加齢によって減少し始めます。
大体年齢でいうと40代くらいから徐々に減り始めます。

 

減少の仕方にも個人差があり、急激に減少する人もいます。
その事で様々な症状が出始め、不調を感じます。

 

大豆イソフラボンはそのエストロゲンに似た作用を持つ栄養素であり、
そのため更年期の女性は積極的に摂ることを推奨されているのです。

 

大豆製品には、イソフラボンの外にもカルシウムが含まれています。
カルシウムは更年期に差し掛かった女性に必要な成分です。

 

エストロゲンはカルシウムが骨から溶け出してしまうのを防ぐ役割を持っています。
それが減少するので、積極的に摂りたい栄養素なのです。
またカルシウム自体にホルモンの分泌を促す働きがあります。

 

カルシウムが足りなくなると、骨からカルシウムを取り出して
体内に補給するので、ますます骨密度が減ります。

 

更年期に大豆製品が必要なのはそんな理由もあるからです。

 

また更年期は閉経に向けて月経不順が起きやすくなります。
大豆イソフラボンはそんな月経不順を整えてくれる役割も持っています。

 

またイソフラボンはポリフェノールの一種で抗酸化力があります。
加齢によって体が錆び付き、老化していく体内を
アンチエイジングしてくれる効果も期待できるのです。

 

大豆イソフラボンを含む食品は、
納豆、豆乳や油揚げ、また豆腐などに含まれています。
身近にある食品なので、普段から摂取しやすい食品ですね。

 

イソフラボンは1日に40r〜50rが必要です。
大体納豆1パックが35r程度です。

 

積極的に食品から補って、足りない部分はサプリメントなどで補うのも効率的ですね

関連ページ

エクオールの具体的な効果・効能
エクオールは大豆製品を摂取した際、腸内細菌の代謝によって成分が変化したものです。これが更年期障害やPMSで悩んでいる人に効果的だというのです。では実際にエクオールがどんな効果をもたらすのか、気になるところです。
エクオールに副作用はないのか?
エクオールは体内で作られない人もいるので、サプリメントで摂取するのが効率的です。ですが、サプリメントを飲みなれない人にとっては気になるのが副作用ではないでしょうか?いくら食品だと言われても、見た目は薬のようだし飲む前に分かるなら調べておきたいと思うのは当然でしょう。ではエクオールに副作用はあるのか見ていきましょう。
エクオールの効果が現れる期間
更年期で悩んでいる人は、エクオールサプリを飲んでいつ効果があらわれるのか気になるでしょう。いつから効果があらわれるか分からないまま飲むのも不安がありますね。大体の目安を知っておくと安心です。
更年期障害の代表的な症状
更年期かもしれない、と思ったら色々な対策をとる方が進行を防ぐカギにもなります。そのため更年期障害になったらどんな症状が一般的に出やすいのか、覚えておくと良いでしょう。
ソイチェックの病院での費用。自宅で出来る方法
小さい頃からの食生活などが理由で、日本人の2人に1人がエクオールを体内で作ることができません。自分がそれに当てはまるかどうかを調べるには、ソイチェックというチェック方があります。今回は病院と自宅で出来るソイチェックの方法をまとめました。
エクオールサプリの摂取で乳がんのリスクが高まるって本当?
エストロゲンの働きをサポートするエクオールですが、サプリで気軽に摂れるとあって人気があります。しかし一方でエストロゲンの過剰分泌は乳がんのリスクを高めます。エクオールの過剰摂取は乳がんのリスクを高めてしまうのか考えてみました。
エクオールは婦人科で処方してもらえるのか?
女性ホルモンのサポートをしてくれるエクオールですが、それなら婦人科でも手に入れられるかもと思う人も多いでしょう。エクオールは婦人科で処方してもらえるのか知りたいですね。また病院で処方してもらえるなら、保険適用についても知っておきたいところです。